小浜島に来て、9ヶ月が経ちました。

小浜島滞在9ヶ月目は、11月22日-12月22日の間。

11月下旬は曇りの日が多く、それでも晴れる時もあったりしましたが、
12月に入ってからは、曇りか雨ばかりに…ちゃんと晴れたって日は1週間もなかったです。

しかも風が強く、肌寒い…

この時期に沖縄に来る人は、絶対思ってたのと違うって感じるだろうなぁって。

それでもたまに晴れると、一気に暑くなり夏前みたいな暖かさ…
いや、暖かさというには優しくない暑さになります。

そんなタイミングが合わないと、滅多に晴れない小浜島の12月。
さらにさらに、朝、明るくなるのも遅い!
曇りの日だと、8時前くらいにならないと、明るくなりません…

しかも、曇りか雨で天気が悪い…
出勤前の僅かな時間も明るくならない…
風も強い…

の隙なしの悪条件で、野鳥観察も満足にできず…
なんだか楽しくない小浜島9ヶ月目…

さらに追い討ちで、冬の間はずっと天気の悪い感じが続くという…
休みの日にタイミングよく晴れてくれないとダメなのが辛い。

曇りの日でも休みなら、もちろん小浜島を歩き回りますが…
高確率で雨が降るので、気分はあまり良いものじゃないですよね…

雨の日で、野鳥との良い出会いって、あまりありませんし…

とは言え、12月に入って沖縄も冬って感じがしてきているので…
小浜島でも越冬していた事が確認されたアカヒゲと出会いたい!

でも、12月にはアカヒゲの気配は見つけられず…これは思った以上に大変かもと思っています。

それでは、小浜島9ヶ月目をまとめていきます!

小浜島の12月はどんな感じ?

野鳥観察時の天気の記録

曇り:9日
雨:12日
晴れ:5日

→記録日数26日(全31日のうち)

風も強い日が多く、体感で寒い日も多かったのが小浜島の12月。

晴れると夏日。
曇ると寒い。

12月からは、太陽次第で沖縄らしい暑さになるかならないかが決まるのがわかりました。

服装は?

晴れれば半袖半ズボン/半袖長ズボン

曇りや雨だと、2枚重ね着でも寒さを感じます。
観光客はダウンを着ている人もいるくらいなので、防寒着は1着あった方がいいですね。

晴れる日はあまりありませんが、晴れると暑いので、半袖もあると晴れた日にも対応できます。

小浜島12月の野鳥情報

ユリカモメ

小浜島の港に飛来したユリカモメ

小浜港の防波堤で休んでいるのを確認。
1日だけの記録で、その後ユリカモメは確認できませんでした。

ホシムクドリ

早朝に牧場近くの電線にとまるホシムクドリの群れ

早朝になると、牧場付近の電線にムクドリの大群が飛来し、賑やかになりました。
ムクドリだけかと思いきや、カラムクドリやギンムクドリも混じっていて、その中にホシムクドリもいました。

よくよく観察していると、ホシムクドリも大群で、車などに驚くとそのままゴルフ場の林の方へ飛んでいくのがルーティンのようでした。

ミフウズラ

畑から畑へ移動するミフウズラ

沖縄も12月は寒いと言っても、普通に花が咲いているくらいの暖かさはあります。

なので、食べ物が不足する事はあまりなさそうなので、冬に野鳥達が食べ物を求めて警戒心が薄くなるのかなぁと思っていましたが…

ミフウズラにもそれなりの頻度で存在に気づくようになりました。
まともに姿を見れた事は数回しかないのですが…

それでようやく畑から畑へ移動するミフウズラの撮影に成功…
と言うには、突然出てきたミフウズラに慌ててしまったので、流し撮りみたいな画になってしまいました…

小浜島探鳥記9ヶ月目の感想

とにかく天気が悪い日が多すぎました…

小浜島の行き方
おすすめの記事