チュウヒ

チュウヒは、冬鳥または留鳥として生息するタカ目タカ科の鳥類です。
全国の平地の草地などで活動し、本州中部以北のヨシ原で局地的に繁殖します。

羽色は個体差が大きく、さまざまな姿のチュウヒがいるのが特徴です。

チュウヒの画像

早朝に空を飛ぶチュウヒの幼鳥の画像
チュウヒの幼鳥。顔が白く、目が黒く、周りも暗め、くちばしの根元が太く、先のカーブも急な点、目の後ろにまで伸びる斑紋のような羽色から、チュウヒの幼鳥としました

チュウヒの鳴き声

チュウヒは「ミューア」「ミュー」「キッ、キッ」「キィユ」「ピシィ」などと鳴きます。

沖縄「小浜島」でのチュウヒ

空飛ぶチュウヒの幼鳥と後ろに2羽の鳥がいる画像

小浜島のチュウヒは、10月の渡りの時期に見られました。

ただ飛来頻度は観察期間中1、2回程度しか無かった為、あまり多くありません。
それも早朝の観察で、ハッキリと種類がわからなかった為、チュウヒではなかった可能性もあります。

かろうじて撮影できた鳥さんの姿は、チュウヒの幼鳥の羽模様にそっくりでしたので、チュウヒとして紹介させていただきます。

チュウヒはカラスに追いかけられながら、どこか遠くへ行ってしまい、追いかけても居場所がわかりませんでした。

会える時期

小浜島でのチュウヒの観察記録
4月5月6月7月8月9月
10月11月12月1月2月3月
◎:ほぼ毎日会える|○:数日おきに会える|△:数回しか会えない|ー:会えない|ペア:つがいで確認|若:若鳥確認|雛:雛確認|抱:抱卵確認|鳴:声はするけど姿は見えず(1人での調査記録となります。空欄項目は未調査期間。随時更新予定です。)

チュウヒの図鑑情報

図鑑情報
種名チュウヒ
サイズ/体重全長:オス約48cm、メス約58cm(翼開長約113〜137cm)/約560〜780g
英名Eastern Marsh Harrier
分類タカ目/タカ科/チュウヒ属
学名Circus spilonotus
漢字沢鵟
時期冬鳥、留鳥。
本州中部以北で繁殖。(近年では九州北部から西日本でも少数の繁殖が確認されている)

八重山諸島では旅鳥。
分布主な繁殖地は北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部。
冬になると越冬のために南下する。
環境草地、湖沼、ヨシ原、河川、農耕地、干拓地の湿地
行動主に鳥類、小型哺乳類、両生類、爬虫類を捕食する。

冬はヨシ原に集団でねぐらをとる事があるが、越冬期は1羽で、朝夕は特に活発に行動し、日中は草地の中などで休息するのが普通。

狩りの際にはV字に翼を広げて低空を低速飛行する事が多いが、繁殖期のペアリングの際に中空を舞うように飛行する。(これがチュウヒ(宙飛)の名前の由来という説もある)

ヨシ原の中に、ヨシやススキの茎や葉などで皿型の巣を作る。
5〜6月に4〜6個の卵を産む。主にメスが抱卵し、抱卵日数は約35日。雛は孵化後、約37日で巣立つ。

チュウヒの動画

小浜島の行き方
おすすめの記事