チョウゲンボウ

チョウゲンボウは、ハヤブサ目ハヤブサ科に分類される鳥類です。

キジバトよりもやや大きく、スマートな体型をしています。
農耕地でよく見られ、空中の1ヶ所で羽ばたいてとまるホバリングをよく行います。

ホバリングは風に煽られているわけではなく、地上の獲物を探す為のチョウゲンボウがよくする行動です。

チョウゲンボウの画像

チョウゲンボウの全身画像
チョウゲンボウはメスの方が大きい。オスは頭、尾が青灰色、メスは体上面が淡褐色。↑の子は頭の色からメスと思われます
電柱にとまるチョウゲンボウの画像
電柱にとまっていたり…
木の枝にとまるチョウゲンボウの画像
木の枝にとまっていたり

チョウゲンボウの鳴き声

チョウゲンボウは「キィーキィキィキィ」「キーキー」「キッキッ」などと鳴きます。

他にも「チッ」と鋭い声も出します。

繁殖期に、オスは「キッキッキッ…」と樹上で鳴く事が多く、メスは「キィイ キィイ キィイ…」と甘える感じで鳴く事が多い。

沖縄「小浜島」でのチョウゲンボウ

カンムリワシを威嚇するチョウゲンボウの画像
電柱にとまっていたカンムリワシを威嚇するチョウゲンボウ

小浜島のチョウゲンボウは、越冬しに島に飛来します。

小浜島はサトウキビ畑や牧草地が多く広がっていて、特に牧草地の上空をホバリングする姿をよく観察できます。

木の上や鉄塔や電柱、アパートの2回の排水パイプにもとまっている事があり、島のどこでも見られる可能性があります。
遭遇頻度は高く、島内を歩いていると、どこかで姿を見かけるくらいです。

会える時期

小浜島でのチョウゲンボウの観察記録
4月5月6月7月8月9月
10月11月12月1月2月3月
◎中旬
◎:ほぼ毎日会える|○:数日おきに会える|△:数回しか会えない|ー:会えない|ペア:つがいで確認|若:若鳥確認|雛:雛確認|抱:抱卵確認|鳴:声はするけど姿は見えず(1人での調査記録となります。空欄項目は未調査期間。随時更新予定です。)

チョウゲンボウの図鑑情報

飛翔するチョウゲンボウの画像
図鑑情報
種名チョウゲンボウ
サイズ/体重全長:オス約33cm、メス約39cm(翼開長約68〜75cm)/約150〜190g
英名Common Kestrel
分類ハヤブサ目/ハヤブサ科/ハヤブサ属
学名Falco tinnunculus
漢字長元坊
時期留鳥または漂鳥。
八重山諸島では冬鳥。

主に北海道や本州中部以北で繁殖し、西日本では冬鳥。
近年、繁殖地が南下していて、西日本でも繁殖例が増加している。
分布ユーラシア大陸からアフリカ大陸に広く分布する
環境平地、山地、河川、草地、埋立地、農耕地など
行動ホバリングなどで主にハタネズミなどの小型哺乳類の他、小鳥類、昆虫類、両生類、爬虫類なども捕食する。

繁殖期以外は1羽で行動しているのが普通。

ハヤブサ類にしてはヒラヒラした感じの羽ばたきでと飛ぶ。

巣は崖の岩棚や穴、大木の樹洞、建造物の穴などに作る。
繁殖条件のいい場所では集団繁殖もする。

日本では4〜5月に小枝を使って営巣するか直接卵を産む。カラス類の古巣を使う事もある。
1度に3〜9個の卵を産み、主にメスが抱卵し、28〜31日で雛が孵化する
雛は27〜32日で巣立ち、1ヶ月以上かけて親鳥から独立する。1年で成熟する。

チョウゲンボウの動画

小浜島の行き方
おすすめの記事