マミジロアジサシ

マミジロアジサシは、夏鳥として飛来するチドリ目カモメ科に分類される鳥類です。

沖縄で繁殖しますが、近年は繁殖地が沖縄島からさらに北上しつつあります。

マミジロアジサシの画像

飛翔するマミジロアジサシの画像
マミジロアジサシは雌雄同色
航路標識にとまるマミジロアジサシの画像
海上にある航路標識にとまっていました

マミジロアジサシの鳴き声

マミジロアジサシは、「クー」「ケーエエエ」「クラー」「ウェブ ウェブ」などと鳴きます。

沖縄「小浜島」でのマミジロアジサシ

エリグロアジサシと一緒に佇むマミジロアジサシの画像
左:エリグロアジサシ、中央:マミジロアジサシ

小浜島のマミジロアジサシは、小浜港から石垣港の航路にある航路標識にとまっているところを観察できました。

石垣島への渡航数が月2〜3回程度と多くなかった事から、出会いの頻度も1回のみでした。

小浜島ではエリグロアジサシが最もよく見られるアジサシで、マミジロアジサシは、航路標識にとまっているエリグロアジサシの群れに1羽だけ混じっていました。

会える時期

小浜島でのマミジロアジサシの観察記録
4月5月6月7月8月9月
10月11月12月1月2月3月
◎:ほぼ毎日会える|○:数日おきに会える|△:数回しか会えない|ー:会えない|ペア:つがいで確認|若:若鳥確認|雛:雛確認|抱:抱卵確認|鳴:声はするけど姿は見えず(1人での調査記録となります。空欄項目は未調査期間。随時更新予定です。)

マミジロアジサシの図鑑情報

図鑑情報
種名マミジロアジサシ
サイズ/体重全長約35〜38cm(翼開長約76〜81cm)/約120g
英名Bridled Tern
分類チドリ目/カモメ科/アジサシ属
学名Sterna anaethetus
漢字眉白鯵刺
時期琉球諸島:夏鳥
他の地域:稀(記録あり:北海道、本州、硫黄列島、南鳥島、奄美諸島など)
分布繁殖地:太平洋、インド洋、大西洋の熱帯及び亜熱帯の島々、オーストラリア北部
非繁殖期:繁殖地の周辺海域に広く分布
環境海岸、海上など
行動沖縄島以南の一部の島々の岩礁などに、コロニーを作って繁殖し、岩場の窪みに直接卵を産む。

繁殖期は営巣地からあまり遠くへは行かず、その周辺で生活する。

食物は魚類やイカ類など。
海上をゆっくりした羽ばたきで飛びながら獲物を探し、見つけると上空から急降下して、海面近くにいるものをくちばしで挟みとる。

マミジロアジサシの動画

小浜島の行き方
おすすめの記事