イソヒヨドリ

イソヒヨドリは、青と橙色の2色の羽色が綺麗なスズメ目ヒタキ科の鳥類です。

マンションやビル街にも生息していて、春頃から綺麗なさえずりが聴こえてくる身近な鳥さんです。

イソヒヨドリの画像

草むらで採食するイソヒヨドリのオスの画像
イソヒヨドリのオス
イソヒヨドリのメスか若鳥の画像
イソヒヨドリのメスか若鳥(メスと若鳥は似た羽色をしています)
朝日が照る日陰にとまるイソヒヨドリのメス
翼や顔に若干の青みがあれば、若鳥ではなくメスの可能性があります。なので…この子はメスと思われます。

イソヒヨドリの鳴き声

イソヒヨドリは、「ヒヨチー チヨチビ ツイチージジッ」と綺麗でよく通る声でさえずります。

地鳴きは「ヒッ」「ピッ」「ヒーヒー」「カッ」などと鳴き、警戒時は「ゲコゲコゲコ」とカエルのような声を発します。

イソヒヨドリのさえずり

沖縄「小浜島」でのイソヒヨドリ

小浜港の屋根にとまるイソヒヨドリのオスの画像
小浜港の屋根にて…

小浜島のイソヒヨドリは留鳥として、集落やホテル、牧場や港周辺に生息しています。

電線や屋根の上、防波堤の上で見かける事が多く、牧場付近では地上での採食行動も見られました。

個体数は多くないのか、島のどこにでもいるわけではなく、ポイントポイントを縄張りとして数羽がいる印象。ただ集落内や牧場付近・小浜港を歩いていれば、ほぼ毎日会える遭遇率になるかと思います。

会える時期

小浜島でのイソヒヨドリの観察記録
4月5月6月7月8月9月
⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
10月11月12月1月2月3月
⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
◎:ほぼ毎日会える|○:数日おきに会える|△:数回しか会えない|ー:会えない|ペア:つがいで確認|若:若鳥確認|雛:雛確認|抱:抱卵確認|鳴:声はするけど姿は見えず(1人での調査記録となります。空欄項目は未調査期間。随時更新予定です。)

イソヒヨドリの図鑑情報

イソヒヨドリのメスの顔のアップ画像
図鑑情報
種名イソヒヨドリ
サイズ/体重全長約23cm(翼開長38cm)/約54g
英名Blue Rock Thrush
分類スズメ目/ヒタキ科/イソヒヨドリ属
学名Monticola solitarius
漢字磯鵯
時期留鳥または漂鳥。
分布日本、アフリカからユーラシア大陸、インドネシア、ニューギニアまで広く分布する。
環境海岸の岩場、岸壁、礫地、河川、山間のダム、住宅地、マンションなど
行動繁殖期以外は1羽で生活する。非繁殖期も縄張りを持つ。

昆虫類や甲殻類、トカゲ、フナムシ、ムカデなど色々な物を食べる。
オスは綺麗なさえずりを持つ。

世界的には標高2,000〜4,000mの高山の岩石地帯に生息する鳥だが、日本では住宅地やマンションで当たり前のように生息するようになっている。
これは本来の生息地の高低差のある環境と人間の居住地が似たようなものになっているからと考えられている。

枯れた雑草などの寄せ集めた巣を作り、5、6個程度の卵を産む。抱卵期間は約15日。雛は濃い鼠色をし、2週間程度で巣立つ。

イソヒヨドリの動画

小浜島の行き方
おすすめの記事